ボーナスの語源とはじまり

ボーナスに喜ぶ人

夏と冬に支給されるボーナスは、会社の景気に左右されるため、支給額に一喜一憂する人も多いですが、それでも楽しみなものであることにかわりはありません。
しかし「ボーナス」という言葉。日常、当たり前のように使っている単語ですが、語源について知っている人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、ボーナスの語源とはじまりについて、ご説明していきます。

ボーナスってそもそも何語?

ボーナスの起源は、古代ローマの神様「Bonus Eventus(ボヌス・エヴェントス)」。
この神様は、成功や収穫の神で、「bonus (ボヌス)」は「良い」という意味があるため、毎月貰える給料とは異なり、臨時で入ってくる収入、良いものという意味で、現在のボーナスという言葉に繋がっています。

日本ではいつからボーナスが始まったのか?

「ボーナス」という言葉が使われるようになる前から、実は日本にはボーナスが存在していました。
それは江戸時代のこと。主人や親方など、使用人や弟子をたばねる役目の人たちは、ある時期が来ると彼らに着物を与える習慣があったのだとか。いわゆる「お仕着せ」と呼ばれるものが、日本でのボーナスの始まりです。

この頃は金銭ではなく着物でしたが、実際に現代のように金銭が支払われるようになったのは、明治に入ってからのこと。明治9年に、三菱が社員へのねぎらいの意味をこめて給料1か月分を支払ったのが、金銭支払いボーナスの始まりと言われています。

最近のボーナスの使い道

皆のボーナスの使い方については別ページでまとめていますが、私の最近のボーナスの使い道も少しご紹介したいと思います。その使い道ですが家族に使い事が多くなりました。

特に妻にはご機嫌取りも兼ねて、美容商品を買ってあげたり、エステにいってもらったりと、正しい意味かは分からないですが上手にボーナスを使っています。ただ高い物を買えばいいものではなく、妻に一番喜ばれたのは泡泡洗顔料のモッチスキンという商品らしく、いまでも定期便で使い続けています。

自分はというと、特に趣味もなく物欲もないので貯蓄して、いつか大きな買い物でも使用と考えています。

そもそもボーナスの語源は、食物の収穫や成功に対して与えられるものだったことを考えると、いまも会社の成長や自分の成績に対してもらえるボーナスの意味は変わらないのが面白いですね。サイトを作成していて「昔の人はどんな事にボーナスを使ってたんだろ?」と気になったので、また機会があったら調査したうえで更新したいと思います。

ボーナスをもらえると予定して大きな買い物をし、不景気でボーナスが出ないと言われた時のショックは言葉で表せませんね。まとまった出費になってしまうので当然生活費に影響されてしまいます。そんな時は一時的にお金を調達する必要があるので金融会社からお金を借りても良いでしょう。お金の借り方も色々あるので、ご自身に一番良いお金の借り方をRAUCIから探してみて下さい。

このページのトップへ