ローンを繰り上げ返済

返済

ボーナスの使い道として毎年上位に来る「住宅ローンの返済」。

ボーナス時の支払い0というローンの組み方をされている人はもちろん、ボーナス時の支払いがあるという人にもお勧めしたいのが「繰上げ返済」です。

ここでは、なぜ繰り上げ返済がお勧めなのか、そして繰上げ返済をする際に気をつけるべき点についてもご説明していきます。

基本的に「繰り上げ返済」は◎

まずは、繰上げ返済をお勧めする理由についてお話します。
ボーナスの金額は、安定しているものではありません。もちろん会社の業績があがったり景気がよくなればどんどん増えていくという可能性もありますが、その逆もありえます。

そのため、仮に今年のボーナスが予想より多かったという場合は出来る限りローンの繰上げ返済にまわしていきましょう。来年のボーナスが必ず同じ額だけ出るという保証はないのですから。

繰り上げ返済を行う前に…気をつけたい注意点

繰り上げ返済を行うことで、支払い期間が短くなり、また住宅ローンの利息が減っていくというのは大きなメリットですが、注意点もあります。
それは生活資金・預貯金分を削ってまで繰り上げ返済に回さないということ。一見貯金をするよりも、繰上げ返済をしたほうがお得に感じますが、日々の生活には突発的な出費も起こります。

ボーナス全てを繰り上げ返済に!と考えるのではなく、必要なお金を差し引いた残りを繰り上げ返済にまわすことで、生活にもゆとりが出るのではないでしょうか。

あくまで最初の返済計画を重視、ボーナスで余裕がある分を繰り上げ返済へ、という考え方がベストです。

このページのトップへ